埋没毛 原因

埋没毛ができる原因とは?

 

埋没毛の原因の画像

 

見た目が汚いし、剃り残しみたいでカッコ悪い埋没毛。ムダ毛処理や脱毛後に見つけると、かなりショックですよね……。でも、毛が埋もれてしまう原因って何なんでしょうか?

 

埋没毛の原因や予防法について、詳しく調べてみました!

 

埋没毛の原因は間違った自己処理!

 

ムダ毛が気になるから毎日剃っているのに、いつの間にか埋没毛だらけの汚い脚に……。でも実は、埋没毛の原因はこの「ムダ毛処理」なんです!

 

ムダ毛処理と言えば、剃刀や毛抜きか、除毛クリームを使う人もいますよね。どれも簡単に自己処理ができるお手軽アイテムですが、肌や毛穴への負担が大きいというデメリットがあります。

 

間違った自己処理で肌を傷つけてしまうと、肌は傷を塞ごうとします。怪我をした時にかさぶたができるのと同じですね。この時傷だけを塞げたらいいけど、毛穴まで一緒に塞いでしまうことがあるんです!

 

毛穴が塞がってしまうと、伸びてきた毛は外に出られません。すると、毛は皮膚の中で伸び続けるしかなくなってしまいますよね。

 

皮膚の中で伸びた毛は剃ることも抜くこともできず、埋もれたような状態になってしまいます。これが埋没毛というわけです。

 

脱毛も埋没毛の原因に?

 

埋没毛の原因は主に間違った自己処理ですが、「脱毛」が原因になってしまうこともあります!

 

サロンやクリニックのレーザー脱毛は毛根にダメージを与えるものですが、やっぱり肌へのダメージも避けられません。だから事前にカウンセリングを受けるんですね。

 

それでも前後の保湿ケアや紫外線対策を怠ると、肌荒れや乾燥が起きてしまいます。これが埋没毛の原因となってしまうわけです!

 

また、家庭用脱毛器はサロンやクリニックのものより出力は弱いですが、使うのが素人なので注意が必要です。肌の状態や使う頻度などの判断を誤れば、肌へのダメージが大きくなってしまいます!

 

埋没毛ができないように脱毛をするなら、なるべく信頼できるクリニックで受けて、前後のケアも徹底しましょう!

 

埋没毛にならない自己処理方法は?

 

剃刀は毛を剃るときに、肌の角質まで削ってしまっています。毛抜きは「まだ抜ける予定のない毛を無理矢理引き抜く」ということなので、もちろん毛穴には大きなダメージがあります。

 

除毛クリームは物理的なダメージは少ないですが、毛を溶かす薬はもちろん肌にも刺激となってしまいます。つまり、ムダ毛処理はどんな方法でも肌に負担をかけてしまうんです!

 

一番いいのは何もしないことですが、さすがにムダ毛を放置はできませんよね。比較的低刺激なのは、「電動シェーバー」です。電動シェーバーなら刃が肌に直接当たらないし、一度でキレイに剃ることができます。

 

それでも多少のダメージはあるので、剃った後は保湿を徹底しましょう!顔に使う化粧水や乳液を使ってもいいし、専用のボディローションもオススメです。

 

剃刀を使った時も、保湿をするだけでも埋没毛予防には効果的です!埋没毛の原因は「肌や毛穴へのダメージ」なので、とにかくやさしく処理することを心がけましょう♪

 

 

 

関連ページ

自分で抜いてもいい?埋没毛について詳しく解説!
剃り残しみたいで汚いけど、埋もれているからどうすることもできない埋没毛。原因は何なのか、引っこ抜いてもいいのか、色々と気になりますよね。埋没毛について詳しくまとめてみました!
かゆいときの対処法
埋没毛が大量発生して見た目も汚いし、なぜかすごくかゆい!こんな時はどう対処すると良いのでしょうか?かゆい埋没毛の原因と、対処法を調べてみました!
埋没毛や毛穴の炎症の予防法について
ムダ毛処理後にできる、ニキビのような炎症や埋没毛。予防法や跡を残さずに治す方法はあるんでしょうか?炎症や埋没毛の予防法をチェックしてみましょう!
腫れてきたときの対処法
埋没毛は無理矢理抜いてもダメだけど、放置しても赤く腫れるし……どうやって治せばいいんでしょうか?赤く腫れた埋没毛の、対処法を調べてみました!
腫れて痛いときの対処法
赤く腫れて痛いし、なかなか治ってくれない埋没毛ってどうすればいいんでしょうか?腫れて痛いほど悪化した埋没毛の、対処法をチェックしてみましょう!
埋没毛だらけになった足をキレイにするには?
見た目が汚いし、剃り残しみたいで目立ってしまう埋没毛。人目に付きやすい足にできていたらショックですよね……。埋没毛だらけになった足のケア方法をチェックしてみましょう!
埋没毛を跡が残らないように治すには?
埋没毛がやっと治ったと思ったら、黒っぽく跡が残っていたなんてショックですよね……。埋没毛を跡を残さずキレイに治す方法をチェックしてみましょう!